Title  
         Contents      

植芝盛平翁先生の逸話
植芝盛平翁先生が和歌山市中之島道場で、滞在中戯れに私に話して下さった断片的な逸話

合気の理念
人は躓けば、手を触れずとも倒れるだろうと、申され、合気道の技はその理念から始まるのだ

柔道と合氣道
嘉納先生が植芝先生の合氣道を見学され、この技こそ私の理想とする武道だ

武道と勝敗
武道は勝敗を競いあうのでなく、お互いに研究して自己を錬磨するのが日本の武道じゃ

猫の様に受けなさい
身体に良くない、 猫の様に受けなさい、其のような受けは石畳の上では出来ないよ

私は無、だから倒れない
翁先生は何時も「私は無、だから倒れない」と言っている。

道文の法則
わしは自然にいるのに力で倒しに来るから駄目だ。

道文を研究すれば迷いは無い
申合せや形で無く相手を柔らかく自由に、導くのが翁先生の創始された合氣道である。

私の宝
わしの宝を上げたよ、品物なら返して貰えるが今日まで教えた法則は返して貰えない。

先の先から後の先
新しい入会者には翁先生の晩年の柔らかい先の先の技から指導しております。

翁先生の稽古
「わしの言葉が解ったか」と言われ、「はい」と答えたが解る筈がない。

武産合気の理念
合気道は決まった技が無い、歩けば技になる、合気道の技には全部極意が入っている

私の日課
稽古があまりにも、柔らかいのと、神秘なお話を聞かされまして、先生の技には何か法則がある

氣心統一法
仕事は業(行)であるから、四魂の氣持ちで励みない。身の上に苦難に遭遇しても挫けず合氣道を続けなさい。

翁先生の最初の挨拶
世界は平等で世界は一つだ。人類は一家である。神(火、水)を愛し、自然に感謝して、世界平和の基礎を造る人になって頂く様に鍛練し稽古するのが合氣道であります

流転剣法
先生の武道に法則が有るのですかと尋ねると、先生は「有ります」と答えていました

合気道の本質
相手を倒す稽古でなく、自己を磨くのであるから強弱に拘っては駄目だ、「和の氣持で」相手を導け

土俵の起源
相撲の土俵も△、○、□の形ですが、植芝翁先生の言霊(ことたま)をあらわしているのか形だけなのか、私は土俵の起源に興味が有ります

21世紀の合気道への思い
翁先生が24年間言霊を説きながら技で示された技法を幻にせず、継承したいと念願しています

「和、愛」の武道
植芝翁先生は門弟に法を自ら身体を以て表現し実在の技を以て説き「和、愛」の武道を遺された

植芝盛平翁の遺志
「米糠三合持つ力で出来る」と合氣道の道文の原理を説き乍ら実在の技を指導

剛から柔への流れ
翁先生が、言霊を1919年に学び1945年に柔の技を創始するまで、(26年)の年月を要しております

宇宙や地球は生きとし生けるものの世界の宝
合氣道創始者植芝盛平翁先生は御昇天するまで、世界平和の基礎を創らんと合氣道の道文を解き実技で指導されたのであります

合気道のレベルを計る尺度
翁先生はそんなことをしたら女の子なら手を痛めると言って注意して、「ジイは指を当てるだけじゃ」と言って注意しておりました

footer.html